ARTISTSアーティスト
ジェイコブ・コーラー

ジェイコブ・コーラーJacob Koller

1980年米国アリゾナ州・フェニックス生まれ。現在35歳。
高校に入学までにアリゾナ・ヤマハ・ピアノ・コンクールを含む10以上のクラシック・ピアノ・コンクールで優勝する。高校ではジャズクラブでバンド活動を始め、ジャズの才能を開花させる。
アリゾナ州立大学へ入学後も2000年、ジャズ作曲コンクールなどで絶賛され、2007年には、「COLE PORTER JAZZ PIANO FELLOW SHIP」のファイナリストの一人に選ばれる。
 
2009年来日後、TOKUのバックなど、ジャズ・ピアニストとして活躍。
2009年、星や月にちなんだ名曲を集めた「STARS」、2010年4月にはジャジーにショパンをプレイしてみせた「ショパンに恋して」をスマッシュ・ヒットさせる。
2011年10月には、樹里からん、畠山美由紀、溝口肇、GENKIをゲストに迎えた「シネマティック・ピアノ・パラダイス」をリリース。映画音楽に見事なアレンジを加え、新しいPOPSアルバムとして高い評価を得た。それに続き、2013年1月シネマシリーズ第2弾として「シネマティック・ピアノⅡ」をリリース。「ジョージア・オン・マイ・マインド」では人気実力ジャズシンガー・青木カレンが、カーペンターズの名作「クロース・トゥ・ユー」を畠山美由紀が、「ベンのテーマ」では樹里からんがそれぞれゲスト・ヴォーカルで参加し、「ゴッドファーザー愛のテーマ」「マイ・ハート・ウィル・ゴーン」など国民的なナンバーも揃えた極上のPOPSアルバムとなった。
 
そして2013年には満を持してのホール録音による全編ピアノ・ソロとなる第3弾「THE ピアニスト ~シネマティック・ピアノⅢ~」でジェイコブの創造的な見事な演奏力と同時に録音音響的にも高い評価を得た。
2014年にはシネマシリーズ第4弾として名作名画をトリビュートした初の全曲オリジナル曲による「マイ・サウンドトラック」をリリース。
 
その後、2015年3月にはテレビの人気番組の“ピアノ王決定戦”で優勝し、一躍大きな注目を集める。精力的にライヴ活動も行うなど、現在、最も注目されるピアニストのひとり。

 
ジェイコブ・コーラー オフィシャルサイト

Information

● ライブ情報
ジェイコブ・コーラーが映画音楽の名曲を独自のスタイルで演奏する、
ゲストシンガー(詳細未定)もフィーチャーしたライヴが続々決定しています!
5月19日(金)18:30開演 <岩手> 「一関文化センター」
5月23日(火)18:30開演 <仙台> 「イズミティ21 大ホール」
5月24日(水)18:30開演 <福島> 「福島市音楽堂」
※詳しくは「民音WEBクラブチケットサービス」をご覧ください: ホームページはこちら

Discography

▪️New Album 「ジェイコブ・コーラー / JACOB KOLLER」
発売日: 2016年6月15日発売                                                                       
発売 : USM JAPAN(ユニバーサル・ミュージック)
jacobcoller.jpg
 
収録曲(カッコ内はオリジナルのコンポーザーです)
01. スムーズ・クリミナル SMOOTH CRIMINAL(Michael Jackson)
02. 白鳥の湖 (Peter Ilyich Tchaikovsky)
03. いとしのエリー (Keisuke Kuwata)
04. トルコ行進曲 (Wolfgang Amadeus Mozart)
05. 悲愴ソナタ (Ludwig Van Beethoven)
06. 回想 (Stevie Wonder)
07. ハンガリー舞曲 第5番(Johannes Brahms)
08. バンブルビー (Nikolai Rimsky-Korsakov / Arranged by Sergei Rachmaninov)
09. スペース・ポポ (Jacob Koller)
10. ノクターン (Jacob Koller)
11. 幻想即興曲 (Frederic Chopin)
12. アキレス最後の戦い (Jimmy Page & Robert Plant)

ジャズを基調としたクロスオーヴァ―作品を集め、得意の速弾きによる斬新な「トルコ行進曲」「ハンガリー舞曲 第5番」などのクラシックの名曲に加え、「スムーズ・クリミナル」(マイケル・ジャクソン)、「いとしのエリー」(サザンオールスターズ)、「回想」(スティーヴィー・ワンダー)、「アキレス最後の戦い」(レッド・ツェッペリン)など、独特の感性とテクニックで独自の色に染め直したユニークなカヴァーを収録。まさに彼の音楽的冒険心とインスピレーション溢れる意欲作ともいうべき、幅広い世代の音楽ファンにアピールする内容です。




■Album「マイ・サウンドトラック~シネマティック・ピアノIV~」
2014年10月22日発売
発売:(株)オーマガトキ
mysoundtrack.jpg
収録曲
01. リターン・トゥ・ゴッサム (トリビュート・トゥ『バットマン』)
02. ヴァーチャル・ラヴ(トリビュート・トゥ『世界でひとつの彼女』)
03. シャイ・タウン(トリビュート・トゥ『シカゴ』)
04. サマー・バイ・ザ・レイク(トリビュート・トゥ『きみに読む物語』)
05. ポポ(トリビュート・トゥ『ボルケーノ』)
06. クローズ・ユア・アイズ (トリビュート・トゥ『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』)
07. セヴン・サムライ・ソナタ・パート1 (トリビュート・トゥ『七人の侍』)
08. セヴン・サムライ・ソナタ・パート2 (トリビュート・トゥ『七人の侍』)
09. セヴン・サムライ・ソナタ・パート3 (トリビュート・トゥ『七人の侍』)
10. アウト・オブ・ザ・パスト(トリビュート・トゥ『ミッドナイト・イン・パリ』)
11. バウンス・バック (トリビュート・トゥ『ブルース・ブラザース』)
12. ミリオン・ダラー・ローズ(トリビュート・トゥ『アメリカン・ビューティー』)
13. ブルー・バード(トリビュート・トゥ『オズの魔法使』)
14. 炎のランナーのテーマ(ボーナストラック)

●ジェイコブがインスパイアされた名作映画のイメージによる初のオリジナル作品集!「My Soundtrack」
映画音楽というと誰もが思い浮かべるのがオリジナル・サウンドトラック。それは主題歌、挿入歌、エンディング・テーマなどで構成され映像と共に映画の感動を深いものにします。かねてから映画音楽に興味を持つジェイコブはトーキー以前の無声映画の伴奏音楽に興味をもち、映画に感動を与える音楽の本質を研究&演奏してきました。本作は数々の名画の音楽イメージをオリジナル・サウンドトラックとは別にジェイコブの感性で新に書き上げたまさにマイ・サウンドトラックといえる画期的な作品です。
 
●ジェイコブ・コーラーのピアノに加え、バイオリン、チェロ、ベース、ドラムの編成【ジェイコブ・コーラー(P)、パトリック・グリン(B) 、デニス・フレーゼ(Ds)、maiko(Vn)、平山織絵(Cello)】によるクラシカルであり、ジャジーな、魅力のサウンドが満載!
ゲスト・ヴォーカルに 樹里からん 2曲収録!!
 
●ロマンティック・ピアノの貴公子「ジェイコブ・コーラー」が贈るシネマテック・ピアノ・シリーズ第4弾!
シネマティック・ピアノ・シリーズは だれもが知っている不朽の名画を豪華ゲストを迎え、新しいPOPSとして 新境地を開いたシリーズ。樹里からん、畠山美由紀、溝口肇をゲストに迎えた第1弾。青木カレン、樹里からん、畠山美由紀をゲストに迎えた第2弾。全編ホール録音によるピアノ・ソロ、華麗なスクリーン・ミュージックをアンビエントに聞かせてくれた第3弾に続く新作です!
 


■「THE ピアニスト~シネマティック・ピアノⅢ~ジェイコブ・コーラー」(Album)

ジェイコブコーラー.jpg

2013年11月6日発売 ¥2,191円(+税)発売:(株)オーマガトキ
 
01:愛を奏でて「海の上のピアニスト」より
02:ジ・エンターテイナー「スティング」より
03:夢やぶれて「レ・ミゼラブル」より
04:マジック・ワルツ「海の上のピアニスト」より
05:アメリのワルツ「アメリ」よりリスト
06:ショパン/バラード第一番ト短調「戦場のピアニスト」より
07:シネマティック・ピアノ・テーマ(オリジナル)
08:オルフェのサンバ「黒いオルフェ」より
09:ミザルー「パルプ・フィクション」より
10:愛の夢「イブの総て」より
11:タンゴナイト 海の上のピアニストのトリビュート(オリジナル)
12:スカイフォール「007」よりスカイフォールより
13:いつか王子様が 白雪姫より
14:夕陽のガンマンのテーマ「夕陽のガンマン」より
15:アズ・タイム・ゴーズ・バイ「カサブランカ」より
 
一覧
Back to Page Top