ARTISTSアーティスト
ジェイコブ・コーラー

ジェイコブ・コーラーJacob Koller

1980年米国アリゾナ州・フェニックス生まれ。現在35歳。
高校に入学までにアリゾナ・ヤマハ・ピアノ・コンクールを含む10以上のクラシック・ピアノ・コンクールで優勝する。高校ではジャズクラブでバンド活動を始め、ジャズの才能を開花させる。
アリゾナ州立大学へ入学後も2000年、ジャズ作曲コンクールなどで絶賛され、2007年には、「COLE PORTER JAZZ PIANO FELLOW SHIP」のファイナリストの一人に選ばれる。
 
2009年来日後、TOKUのバックなど、ジャズ・ピアニストとして活躍。
2009年、星や月にちなんだ名曲を集めた「STARS」、2010年4月にはジャジーにショパンをプレイしてみせた「ショパンに恋して」をスマッシュ・ヒットさせる。
2011年10月には、樹里からん、畠山美由紀、溝口肇、GENKIをゲストに迎えた「シネマティック・ピアノ・パラダイス」をリリース。映画音楽に見事なアレンジを加え、新しいPOPSアルバムとして高い評価を得た。それに続き、2013年1月シネマシリーズ第2弾として「シネマティック・ピアノⅡ」をリリース。「ジョージア・オン・マイ・マインド」では人気実力ジャズシンガー・青木カレンが、カーペンターズの名作「クロース・トゥ・ユー」を畠山美由紀が、「ベンのテーマ」では樹里からんがそれぞれゲスト・ヴォーカルで参加し、「ゴッドファーザー愛のテーマ」「マイ・ハート・ウィル・ゴーン」など国民的なナンバーも揃えた極上のPOPSアルバムとなった。
 
そして2013年には満を持してのホール録音による全編ピアノ・ソロとなる第3弾「THE ピアニスト ~シネマティック・ピアノⅢ~」でジェイコブの創造的な見事な演奏力と同時に録音音響的にも高い評価を得た。
2014年にはシネマシリーズ第4弾として名作名画をトリビュートした初の全曲オリジナル曲による「マイ・サウンドトラック」をリリース。
 
その後、2015年3月にはテレビの人気番組の“ピアノ王決定戦”で優勝し、一躍大きな注目を集める。精力的にライヴ活動も行うなど、現在、最も注目されるピアニストのひとり。

 
ジェイコブ・コーラー オフィシャルサイト

Discography

2017.10.04 発売
シネマティック・ピアノ・アドヴェンチャー ~CINEMATIC PIANO ADVENTURE~
(CD+DVD) ¥2,376(税込)
borntobewaiwai.jpg
【収録曲】
01. ミアとセバスチャンのテーマ『ララランド』(ジャスティン・ハーウィッツ)
02. ムーン・リバー (ヘンリー・マンシーニ)
03. ウィリアム・テル序曲 (ジョアキーノ・ロッシーニ)
04. 富士五湖(ジェイコブ・コーラー) (Jacob Koller)
05. サマー・バイ・ザ・レイク(ジェイコブ・コーラー)
06. ジ・エンターテイナー(スコット・ジョプリン)
07. アナザー・デイ・オブ・サン『ララランド』(ジャスティン・ハーウィッツ)
08. 花 (滝廉太郎)
09. 風の谷のナウシカ (細野晴臣)
10. ア・ブルー・スター(ジェイコブ・コーラー)
11. トルコ行進曲 (Wolfgang Amadeus Mozart) トルコ行進曲
12. 虹の彼方に (ハロルド・アーレン)
13. リベルタンゴ (アストル・ピアソラ)
14. 夢やぶれて(クロード=ミシェル・シェーンベルク)
15. ルパン三世のテーマ’78(日本版限定)(大野雄二)
16. シティ・オブ・スターズ『ララランド』(ジャスティン・ハーウィッツ)
■詳細は:Official Site
一覧
Back to Page Top