NEW RELEASE国内・海外新譜

Visionary Music Sketches 3~平成の出来事~
「Visionary Music Sketches 3~平成の出来事~」 Album
f-ino    
2018.11.28 Release / ドリーミュージック
平成最後の年末ニュース、ワイドショー向けのインストゥルメンタル楽曲集。山本孝(東京音楽大学教授)、つのだ☆ひろ両氏に師事した「船橋のりよし」とその弟子「井上美香子」による音楽制作ユニットf-inoによる作品集。
Bouquet
「Bouquet」 配信Single
CRAZY WEST MOUNTAIN    
2018.11.28 Release / MEGAPHONE MUSIC
新感覚ミクスチャー“山”バンド・CRAZY WEST MOUNTAINが、この秋から放つ、3ヶ月連続配信リリースの第2弾。UK風ロックチューンに乗せ、多様性に満ちたこの社会で「いかに自分らしさを保ちながらも、いかにお互いを尊重しあえるか」を問いかけるメッセージ・ソングが完成!
La Nuit feat. Fabienne Débarre
「La Nuit feat. Fabienne Débarre」 Album
Yaffle    
2018.11.30 Release / PICUS RECORDS

Tokyo Recordings所属のプロデューサー小島裕規によるプロジェクトYaffle。今夏はプロデュース業で多忙を極めていた彼から、ようやく届いた待望の第4弾リリースは仏人気レーベルBecause Music所属のオルタナティブ・エレクトロ・ポップ・バンドEvergreenの紅一点メンバー、Fabienne Débarre(ファビエンヌ・デュバーレ)をヴォーカリストに迎えたフランス語エレクトロ・ポップ・ナンバー!前作「Summer feat. Linying」は日本を始め、東南アジア8ヵ国、そしてイギリスのSpotify “New Music Friday”プレイリスト入り、また人気のグローバル・プレイリスト“Global X”や“Young & Free”にも入り、ストリーム数は40万超え、世界からも熱い視線を集めています。

レジェンダリー・クリスマス
「レジェンダリー・クリスマス」 Album
ジョン・レジェンド    
2018.11.21 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

グラミー賞10冠に輝く米屈指のR&Bシンガー・ソングライターにして、最近では映画『ラ・ラ・ランド』に出演もしているエンターテイナー=ジョン・レジェンドの新作は、自身初となるクリスマス・アルバム。エスペランサ・スポルディングやスティーヴィー・ワンダーがゲスト参加し、誰もが愛するクリスマスの名曲をカヴァー。またオリジナルのクリスマスも収録し、大切な人たちと過ごすウィンター・シーズンに欠かせない新たな<永遠のスタンダード・クリスマス・アルバム>が誕生!

グレイテスト・ショーマン:リイマジンド
「グレイテスト・ショーマン:リイマジンド」 Album
ヴァリアス・アーティスツ    
2018.11.16 Release / ワーナーミュージックジャパン
世界中で大ヒットとなったミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』。サウンドトラックの全世界ストリーミング回数が30億回突破、アルバム・セールスも世界で400万枚を突破と異例の快挙を成し遂げた熱気も冷めやらぬ中、人気アーティストによるサントラのカバー・アルバムがリリース。参加するのはパニック!アット・ザ・ディスコ、 P!NK、ミッシー・エリオット、ケシャ、アン・マリー、ペンタトニックスと、とにかく豪華。シアトリカルなサウンドのオリジナル音源と、”今っぽい”サウンドのカバー音源、聴き比べて楽しみたい一枚!
ネオン・フューチャー Part 3
「ネオン・フューチャー Part 3」 Album
スティーヴ・アオキ    
2018.11.14 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

米『フォーブス』誌が毎年発表する「世界DJ長者番付」では3年連続トップ5にランクイン、そして英人気クラブ/DJ雑誌『DJ MAG』の「世界人気DJランキング」でも6年連続トップ10入りを果たし、人気ダンス・レーベル=ULTRA MUSICに所属するセレブリティ―・DJ/プロデューサー=スティーヴ・アオキ。大型ダンス・フェス出演を含め1年365日中300日以上がツアーという過密スケジュールをこなしながら、レーベル兼アパレル<DIM MAK>を主宰し、ストリート・カルチャーと密接にリンク。その彼の新作にはBTS、ブリンク 182、ルイ・トムリンソン (1D)、ニッキー・ロメロなど豪華アーティストが参加。

HYMN ~永遠の讃歌
「HYMN ~永遠の讃歌」 Album
サラ・ブライトマン    
2018.11.09 Release / ユニバーサル USM ジャパン

クラシカル・クロスオーヴァ―の開拓者にして女王であるサラ・ブライトマンが5年ぶりのアルバムをリリース。アルバムのタイトルともなっている、バークレイ・ジェイムス・ハーヴェストの名曲「ヒム」のカバー、X JAPANのYOSHIKIをフィーチャーした楽曲、また彼女を一躍有名にした「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の最新ソロ・バージョンなど、様々な切り口で彼女のドリーミーな世界に浸りたい。

GOOD and EVIL / EDENへ
「GOOD and EVIL / EDENへ」 Album
UVERworld    
2018.11.07 Release / ソニー・ミュージックレコーズ

常に進化を続ける6人組ロックバンド、UVERworldの32枚目となるシングルは渾身の新曲2曲が収録された両A面。新感覚デジタルロックな「GOOD and EVIL」は現在大好評のマーベル映画最新作『ヴェノム』の日本語吹き替え版主題歌。「EDENへ」はテレビ東京 ドラマ25 『インベスターZ』オープニングテーマで、7月に解禁されてから待望の音源化!

TIE UP
「EDENへ」はテレビ東京 ドラマ25 『インベスターZ』オープニングテーマ。
See More
ハッピー・クリスマス
「ハッピー・クリスマス」 Album
エリック・クラプトン    
2018.11.07 Release / ユニバーサル インターナショナル

ギターの神様=エリック・クラプトンの24作目のスタジオ・アルバムはホリデイ・シーズンに合わせ、クリスマス・ソングをブルース・スタイルにアレンジしてみよう、というアイデアから制作されたクリスマス・アルバム。「ホワイト・クリスマス」や「ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス」といったスタンダード曲に加え、書き下ろしの新曲、更には急逝した人気DJ、アヴィーチーを追悼するナンバーも収録。アルバム・カヴァーはクラプトン自身が描いたサンタクロースのイラスト。今月23日からは自身のドキュメンタリー映画『12小節の人生』が日本公開になります。

アリー/スター誕生 サウンドトラック
「アリー/スター誕生 サウンドトラック」 Album
レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー    
2018.11.07 Release / ユニバーサル インターナショナル

レディー・ガガ主演、ブラッドリー・クーパー監督・主演の話題の映画『アリー / スター誕生』のサウンド・トラック。歌手になる夢を抱く内気なアリーは、世界的シンガーのジャクソンに出会い瞬く間にスターダムを上っていくが・・・。固い絆で結ばれる二人の物語に、レディー・ガガの圧倒的な歌唱力と存在感が彩を添える。アカデミー賞最有力候補の呼び声も高い本作は全米興行収入初登場2位、サウンドトラックは全米・全英初登場1位を獲得。日本公開は12月21日から。

START TO RAIN
「START TO RAIN」 Single
ナオト・インティライミ    
2018.10.24 Release / ユニバーサル シグマ

先日47都道府県ツアーを大成功に終えたナオト・インティライミが21枚目となるシングルをリリース。海外のオントレンドなサウンドをふんだんに取り入れたアップチューンであるが、今作のテーマに「愛しい人との別れ際の切ない気持ち」を掲げており、切なさも加えられた非常に聴きごたえのある一曲となっている。MVには人気女優の武田玲奈のほか、現在SNSで話題となっている「振り返り動画」の一般公募から総勢30名を超えるモデル、YouTuber、Tik Tokerたちが参加し話題となっている。

FAKE DIVINE
「FAKE DIVINE」 Single
HYDE    
2018.10.24 Release / ユニバーサル VIRGIN MUSIC

今年からソロ活動を本格始動させたHYDEが早くも3枚目のシングルをリリース。10年以上に渡りハロウィンをテーマとした活動を毎年行ってきたHYDEの今年のテーマは「大人のハロウィン」。疾走感と刹那がうまく共存したロックチューンで、MVは映画「下弦の月~ラスト・クォーター」でもタッグを組んだ二階建を監督に起用。不思議の国のアリスがモチーフとなっており、CGに頼りすぎずアナログ感を追及し、どこか絵画的で味わい深いMVとなっている。

Si~君に捧げる愛の詩
「Si~君に捧げる愛の詩」 Album
アンドレア・ボチェッリ    
2018.10.26 Release / ユニバーサル クラシックス

障害を乗り越え、弁護士経験も持つ、異色でありながらレジェンドでもあるテノール歌手=アンドレア・ボチェッリ。完全オリジナル・アルバムとしては実に14年ぶりのリリースとなる本作では、息子のマッテオとのデュエットが収録されており、まだ初々しい息子と、それを包み込むかのように深い父の歌声のコントラストが、愛を歌い続けてきたアーティストの集大成を物語る。エド・シーラン、ジョシュ・グローバン、デュア・リパなどの豪華ゲストの参加も話題。

マッド・ラヴ:ザ・プリクエル
「マッド・ラヴ:ザ・プリクエル 」 Album
ショーン・ポール    
2018.10.24 Release / ユニバーサル インターナショナル

「Get Busy」でお馴染み、グラミー賞の最優秀レゲエ・アルバム賞を受賞したこともあるダンスホール・レゲエ界の帝王=Sean Paul。ベッキー・G 、デヴィッド・ゲッタ、メジャー・レイザー等々、現在の音楽シーンで欠かすことのできないアーティスト達とのコラボレーションが散りばめられたこの一枚、帝王の本格再始動に期待せずにいられない!Spicy ChocolateによるRemix音源も収録されており、ジャパニーズ・レゲエ・ファンにも嬉しいリリース。

ザ・マジック・ギャング
「ザ・マジック・ギャング」 Album
ザ・マジック・ギャング    
2018.10.24 Release / ワーナーミュージック・ ジャパン

NMEアワードで 「ベスト・ニュー・アーティスト」 にノミネートされた、英国ブライトン出身の期待の新星4人組ギターポップ・バンド=The Magic Gang。ビーチ・ボーイズ、ティーンエイジ・ファンクラブ、ウィーザー、ぺイヴメントなど、みずみずしくポップなサウンドと、胸がキュンとするような甘酸っぱいメロディーに溢れた、あの系譜に連なる、日本人が大好きになること必至のバンド。このデビュー・アルバムには、残念ながら解散してしまったザ・マッカビーズのメンバーも参加。11月には一夜限りの初来日ショーケース・ライヴも開催。(11月8日代官山SPACE ODD)

ウォーゾーン
「ウォーゾーン」 Album
ヨーコ・オノ    
2018.10.24 Release / ソニー・ミュージック ジャパン インターナショナル

前作『地獄の果てまで連れてって』以来5年ぶりのリリースとなる本作で、御年85歳の芸術家はこれまでの自身の作品を振り返っている。と言うのも、このアルバムに収録される13曲は全て1970年から2009年までの彼女の作品を新たな解釈でレコーディングしたものなのだ。しかし、何十年隔てたとしてもそれらのメッセージが普遍的であることに違いない。「NOW  OR  NEVER」は、歌っているのではなく、こちらに語りかけているのではないかと錯覚すら覚える。ヨーコ・オノが投げかける愛、はたまた警鐘をどう解釈していくべきか、我々は問われている。

オールウェイズ・イン・ビトウィーン
「オールウェイズ・イン・ビトウィーン」 Album
ジェス・グリン    
2018.10.24 Release / ワーナーミュージック・ジャパン

全英No.1シングル「I’ll Be There」が大ヒット中!そのパワフルなハスキー・ヴォイスで世界を魅了するイギリスの実力派女性シンガー・ソングライター、ジェス・グリン、待望の2ndアルバムが完成!ソングライターとして楽曲提供でも引っ張りだこの彼女が、自身の作品では突然の成功、失恋、またイギリスで200万枚売れたデビュー作に続く新作に対するプレッシャーと向き合う、28歳女性のリアルな感情と等身大の姿を描いている。エド・シーランがソングライターとして参加。今年のサマーソニックにも出演。

10
「10」 Album
高岩 遼    
2018.10.17 Release / ユニバーサル・ジャズ

SANABAGUN、THE THROTTLEのフロントマンとして活躍する高岩遼がソロ名義でのメジャー・デビュー・アルバム『10』をリリース。28歳以下、総勢20名以上のミュージシャンが参加したビッグ・バンド作品となっており、彼が敬愛するフランク・シナトラのカバーから、Tokyo Recordings所属の新進気鋭のプロデューサーYaffleと共作したオリジナル曲を含む16曲で構成されている。ゲスト・アーティストには同い年のロックバンドOKAMOTO’Sのボーカル、オカモトショウが参加。

バースプレイス
「バースプレイス」 Album
ノーヴォ・アモール    
2018.10.17 Release / P-VINE

大自然の神秘をそのまま音像化したかの如き超美麗フォーキー・チェンバー・ポップに涙が止まらない・・・!その美しすぎる音世界と映像で話題のウェールズ出身のシンガー・ソングライター=Novo Amor。盟友エド・タレットとのコラボ名義による昨年リリースのアルバム『Heiress』に続き、満を持して放つソロ・デビュー・アルバムは、ボン・イヴェール以来のスター誕生を予感させる傑作アルバム

ルック・ナウ
「ルック・ナウ」 Album
エルヴィス・コステロ    
2018.10.12 Release / ユニバーサルミュージック/USM JAPAN

ロック、ソウル、カントリー、ジャズ、クラシック、あらゆるジャンルを自在に操る天才、エルヴィス・コステロが10年ぶりとなるジ・インポーターズとの新作『ルック・ナウ』をリリース。収録曲はすべてこのアルバムのために書き下ろされた新曲で、独特のメロディセンスと渋みあふれる歌声が必聴の作品である。制作にはバート・バカラックやキャロル・キングなどスタンダードとなるヒット・ソングを生み出してきたアーティストも参加。これまでコステロを追ってきたファンにも間違いなく新しい名盤の誕生といえる自信作

1 2 3 NEXT
Back to Page Top