NEW RELEASE国内・海外新譜

ONE PIECE 20th Anniversary BEST ALBUM
「ONE PIECE 20th Anniversary BEST ALBUM」 Album
Various Artists    
2019.03.27 Release / エイベックス・ピクチャーズ

TVアニメ「ONE PIECE」20年分の主題歌を詰め合わせた大容量の3枚組アルバム!初回限定豪華版特典Blu-rayには、本編第1話「俺はルフィ!海賊王になる男だ」や、第517話「新章開幕 再集結!麦わらの一味」 、主題歌アニメ映像集を収録予定!

Broadcasting Tunes Vol.8
「Broadcasting Tunes Vol.8」 Album
Various Artists    
2019.03.25 Release / フジパシフィックミュージック

情報/報道番組向けライブラリ音源集「Broadcasting Tunes」の第8弾。「政治・経済系」「科学・医療系」等6方向のシチュエーションにジャンル分けし、全114曲とボリュームが増した今作は、より使い勝手の良いアルバムになっています。

Boléro Ⅳ ~New Breath~
「Boléro Ⅳ ~New Breath~」 Single
岡本知高    
2019.03.20 Release / ユニバーサルミュージック
3/20(水)からフジテレビにて4夜連続生中継された「世界フィギュアスケート選手権2019」の新中継テーマ曲!オープニングセレモニーで岡本知高初歌唱!!
TIE UP
フジテレビ系フィギュアスケート中継「世界フィギュアスケート選手権2019」の新テーマ曲
See More
アイ・アム・ヒア
「アイ・アム・ヒア」 Album
ターリ    
2019.03.20 Release / ユニバーサル・ジャズ

ホセ・ジェイムズの「リヴ・ユア・ファンタジー」「トゥ・ビー・ウィズ・ユー」といった人気のナンバーを書いた、NY出身で現在LAを拠点に活動中の女性シンガー・ソングライター、ターリ。ホセが新たに立ち上げた自主レーベル「レインボー・ブロンド」第一弾アーティストとしてデビュー・アルバムをリリース。優れたソングライティング能力はもちろん、プログラミングやピアノ、ヴォーカルのスキルも素晴らしいニュー・カマー。昨年末のホセの来日公演ではオープニング・アクトを務め、アルバム収録曲を初披露。アルバム発売後の5月にはホセをゲストに迎えた初の単独来日公演も予定されている。

アメリカン・フットボール(LP3)
「アメリカン・フットボール(LP3)」 Album
アメリカン・フットボール    
2019.03.20 Release / Tugboat Records

エモ・シーンのレジェンド=アメリカン・フットボール。 1999年にデビュー作をリリース後、僅かな活動期間で解散。その後もアメリカン・フットボールの魅力は世界中で徐々に伝わり、2014年に再結成。各国で行われたライブは軒並みソールド・アウトに。17年ぶりとなる2ndアルバムから3年、待望の3rdアルバムをリリース。パラモアのヘイリー・ウィリアムスやスロウダイヴのレイチェル・ゴスウェルら錚々たる豪華ゲストが参加、優しくて懐かしい、誰しもの心に響くアメリカン・フットボールのサウンドは今作でも健在!

ウィーザー(ティール・アルバム)
「ウィーザー(ティール・アルバム)」 Album
ウィーザー    
2019.03.08 Release / ワーナーミュージック・ジャパン

20年にも渡りパワー・ポップ・シーンをリードし続け、日本でも絶大なる人気を誇る、リヴァース・クオモ率いるLA出身のロック・バンド、ウィーザー。3月1日に自身12作目となるスタジオ・アルバム『ウィーザー(ブラック・アルバム)』をリリースした彼らが、ファンに向けてサプライズで10曲入りのカバー・アルバム『ウィーザー(ティール・アルバム)』も緊急リリース。青緑色(ティール・カラー)の鮮やかなジャケットが印象的なこのアルバムに収録されているのは、TOTOやティアーズ・フォー・フィアーズ、A-HA、マイケル・ジャクソンの80’sヒットからTLCの「ノー・スクラブ」といった意外なカヴァーまで収録。

ベスト・オブ '68カムバック・スペシャル
「ベスト・オブ '68カムバック・スペシャル」 Album
エルヴィス・プレスリー    
2019.02.27 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

エルヴィス・プレスリーが完全復活を遂げた伝説のTV番組『‘68カムバック・スペシャル』の50周年を記念した特別番組『エルヴィス・オールスター・トリビュート』が米NBC TVで2月17日に放映。 その放映にあわせて『ベスト・オブ・ザ・’68 カムバック・スペシャル』をリリース!、ボーナス・トラックにはこの特別番組でも披露された「明日への願い」の新ヴァージョンを収録。エルヴィスのオリジナルのヴォーカルに合わせて、ポスト・マローン、ショーン・メンデス、キャリー・アンダーウッドといった5 ⼈のポップ/カントリー・アーティストが新たに共演。

ハロー・ハピネス
「ハロー・ハピネス」 Album
チャカ・カーン    
2019.02.15 Release / ユニバーサル・インターナショナル

グラミー賞10度受賞を誇るソウル/ファンク界の絶対女王=チャカ・カーン。12年ぶりのオリジナル・ニュー・アルバムが堂々の完成!プロデュースは、M.I.AやMajor Lazerの仕掛け人である敏腕プロデューサー、スウィッチ。最新鋭クラブ・サウンドと圧巻のソウル・ヴォイスが融合した一枚。今作を引っ提げ、今年初開催となる“オトナのフェス” DISCOTHEQUE FESTIVALに出演。千葉・幕張メッセ(3/23)と神戸・ワールド記念ホール(3/24)で行われるこのフェスには、チャカの他にもクール&ザ・ギャング、シーナ・イーストン、スウィング・アウト・シスターらが出演。

I'm a Pop
「I'm a Pop」 Single
ちゃんみな    
2019.02.27 Release / ワーナー・ミュージック・ジャパン

次世代を代表する女性ラッパー「ちゃんみな」が自身初となるシングルCDをリリース。タイトル・トラックでは彼女の武器でもあるトリリンガルを最大限に生かし、日本語、英語、韓国語を巧みに使いこなして歌唱。ラッパーという枠にとらわれない音楽表現はまさに彼女らしくジャンルレスで魅力的だ。昨年二十歳となり、これまでになかったクールな大人らしさやヒップホップに対する偏見に対するメッセージが込められた作品となっている。カップリングにはではLAでセッションした海外作家との共作曲も収録。

 

ザ・ベスト
「ザ・ベスト」 Album
ジャスティン・ビーバー    
2019.02.27 Release / ユニバーサル・インターナショナル

2019年はジャスティン・ビーバーにとってデビュー10周年という記念の年。これまでのキャリアを総括した日本独自企画のベスト盤をリリース。初々しさが残るデビュー曲「Baby」から、日本ではCMで起用され大ヒットした全米No.1ナンバー「What Do You Mean?」、更にはジャスティンをフィーチャーし全米史上最長16週1位を記録したルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー「Despacito (Remix)」やブラッドポップとのコラボ「Friends」など配信シングル・ヒットも網羅、この一枚でジャスティンの軌跡が分かる!

Eye Of The Storm
「Eye Of The Storm」 Album
ONE OK ROCK    
2019.02.15 Release / A-Sketch

日本発、海外でも絶大な支持を得るモンスター・バンド、ONE OK ROCKが2年ぶりとなる待望のニュー・アルバムを全世界同時リリース。多数のソングライターが参加し、楽曲をブラッシュアップしていく、USポップ・シーンのトレンドである制作スタイルを取り入れ、そこから生まれた作品たちは、むしろこれまでの彼らのロックをさらに超えたアイデンティティを象徴している。

 

ヘッド・アバーヴ・ウォーター
「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」 Album
アヴリル・ラヴィーン    
2019.02.15 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

日本洋楽史上でただ一人、デビューからアルバム3枚連続ミリオン・セールス達成の快挙を誇る最強無敵のロック・プリンセス=アヴリル・ラヴィーン。2013年発表の前作以来、約5年ぶり、通算6作目、待望の新作が遂にリリース。2014年のライム病発症以来、闘病を続けてきた彼女、闘病中の思いや祈りを綴った「Head Above Water」、タイムレスな輝きを放つ新境地なクラシック・ソウル・ナンバー「Tell Me It’s Over」、ニッキー・ミナージュをフィーチャーしたガール・パワー炸裂の「Dumb Blonde」といった先行シングル3曲を収録した会心の復活作!

サインズ
「サインズ」 Album
テデスキ・トラックス・バンド    
2019.02.15 Release / ユニバーサル・ジャズ

ジョン・メイヤー、ジョン・フルシアンテと並ぶ新3大ギタリストの一人として知られるデレク・トラックスと、シンガー兼ギタリストでもある妻のスーザン・テデスキが率いるブルース・ロック・バンド、テデスキ・トラックス・バンドが3年ぶりとなる4作目のスタジオ・アルバムをリリース。高揚感のあるソウル・アンセムからバラード、そして彼らの真骨頂であるロックンロールまでバラエティに富んだ内容となっている。制作には彼らと昔から親交の深いウォーレン・ヘインズ、オリヴァー・ウッドなど名うてのミュージシャンが参加し、エンジニアにはローリング・ストーンズなども手掛けたジム・スコットをむかえた渾身の作品。

thank u, next
「thank u, next」 Album
アリアナ・グランデ    
2019.02.08 Release / ユニバーサル・インターナショナル

昨年8月にリリースした4thアルバム『スウィートナー』から、およそ半年という短いスパンで制作された、アリアナ・グランデの5枚目となるスタジオ・アルバム。本作の発売までに、過去の交際歴を匂わせる「thank u, next」や映画『サウンド・オブ・ミュージック』の「My Favorite Things」をサンプリングした「7 rings」の2曲が先行シングルとしてリリースされ、いずれも米ビルボード・シングル・チャートで初登場1位を記録、注目度が最高潮に達したタイミングで本作をドロップ。ポップなアイドル要素を払拭し、「強い女性」を代表する新しいリーダーとなった彼女の、最も正直で、前向きなアルバム。

Blank Envelope
「Blank Envelope」 Album
Nulbarich    
2019.02.06 Release / ビクター・エンターテインメント

前作から約1年ぶりとなる待望のニューアルバム『Blank Envelope』をリリース。彼らが出せる現状のベストを自分たちの好きなように<宛名のない封筒>に詰め込んたので誰に手渡してもその人の好きなようにしてほしいというメッセージがある。基盤はソウル等ブラックミュージックであるものの様々なアプローチのアレンジが施され、これまでになくバンドの柔軟性を表現した作品に仕上がっている。

バイ・ザ・ウェイ・アイ・フォーギヴ・ユー
「バイ・ザ・ウェイ・アイ・フォーギヴ・ユー」 Album
ブランディ・カーライル    
2019.02.06 Release / ワーナーミュージック・ジャパン

今年のグラミー主要 3 部門、計 6 部門にノミネートされ、 2018 年を代表する 1 枚となった実力派女性シンガー・ソングライターが紡ぐ「愛」と「赦し」の 10 章。日本デビュー・アルバム。シアトル郊外の田舎町で育った彼女は、その憂いある声で、感情全てを全身全霊をかけて発露する音楽的才能の高さ、そして巧みな表現力で原題のアメリカン・ミュージックの一翼を担う存在に。有名アーティストによるトリビュート・アルバムも制作される程、リスペクトを集める彼女はそのグラミー賞で<最優秀アメリカーナ・アルバム>を始めとする計3部門を受賞。

ガリポリ
「ガリポリ」 Album
ベイルート    
2019.02.01 Release / BEATINK

多彩な音の宝石箱に再び世界が酔いしれる・・・。インディーロックとワールドミュージックを融合させたサウンドで多くの音楽ファンから絶大なる支持を集める、米ニューメキシコ州サンタフェ出身の天才シンガー・ソングライター、ザック・コンドン率いる大所帯バンド、ベイルートが2015年発表の『No No No』以来となる5作目を〈4AD〉よりリリース。

 

Weekend Secret
「Weekend Secret」 Single
SNUPER    
2019.01.30 Release / KISS ENTERTAINMENT

彼氏にしたいアイドルのキャッチ・コピーを持つ韓国の人気ボーイズ・グループ、SNUPER(スヌーパー)が日本での5枚目のシングルをリリース。これまでの日本でのリリースでは常にチャート上位を記録してきた彼らの今回のテーマは色気漂うウィークエンド・ラブ・ソング。彼らの新たな大人の一面を感じられる作品となっている。オリコン初登場2位。

トレヴァー・ホーン リイマジンズ 〜 ザ・エイティーズ・フィーチャリング・ザ・サーム・オーケストラ
「トレヴァー・ホーン リイマジンズ 〜 ザ・エイティーズ・フィーチャリング・ザ・サーム・オーケストラ」 Album
トレヴァー・ホーン    
2019.01.30 Release / U/M/A/A

40年もの間に200以上のヒット作を生み出してきたUKのトップ・プロデューサー、トレヴァー・ホーンが、自ら手掛けたヒット曲を中心に、80年代を彩った大ヒット曲の数々をフル・オーケストラで再現。ヴォーカルに、トレヴァーが過去にプロデュースしグラミー賞を受賞したシールをはじめ、ロビー・ウィリアムズ、オール・セインツ、ルーマーなどの実力派シンガーを迎え、デヴィッド・ボウイ、ブルース・スプリングスティーン、デュラン・デュラン、a-ha、ニュー・オーダー、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、イエスなど80年代のヒット曲が壮大なオーケストラ・アレンジで新たに蘇る!

2019 GRAMMY ノミニーズ
「2019 GRAMMY ノミニーズ」 Album
ヴァリアス・アーティスツ    
2019.01.30 Release / ユニバーサル・インターナショナル

世界最大の音楽賞、グラミー賞にノミネートされた作品から選曲された夢のコンピレーションが今年も登場!ケンドリック・ラマー、ドレイクなど2018年の洋楽シーンを代表するアーティスト達のヒット曲を網羅!第61回グラミー賞授賞式は2月10日(日本時間2月11日)、ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催。

1 2 NEXT
Back to Page Top