NEWS最新情報

Night Tempo、『昭和アイドル・グルーヴ』コンピレーションを5月19日にCD/配信リリース!4月にはCharles Chatonとのアパレル・コラボ第2弾の発売も決定。人気漫画家、加納梨衣氏とのトリプル・コラボ!

2021.03.25
wink_night
海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアでも紹介されている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。

今年2月にリリースした松原みきの昭和グルーヴも絶好調の彼が、これまで昭和グルーヴ・シリーズで配信リリースしてきた昭和アイドル・ポップスのリエディットをまとめたコンピレーションをCDと配信で5月にリリースすることが決定した。

『Night Tempo presentsザ・昭和アイドル・グルーヴ』と題し、既発の工藤静香、Wink、斉藤由貴、BaBeのリエディット各2曲に加え、このコンピレーション用にNight Tempoがセレクトした昭和アイドル・ポップスを4曲新たにリエディット(曲目は後日発表)、全12曲入りのコンピレーション・アルバムとして発売。全ての音源が初CD化となり、昭和グルーヴ・シリーズの一連のアートワークを手掛けている韓国人イラストレーター、tree 13氏が描きおろしたジャケット写真も公開となった。
また、2019年11月にアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」の描きおろしで話題を呼んだベイクルーズ社の人気女性ファッション・ブランドCharles Chatonとタッグを組んだトリプル・コラボ=Charles Tempo。

その第2弾の発売が4月に決定した。今回は、「スローモーションをもう一度」の作者である人気漫画家・加納梨衣氏へラブコールを送りトリプル・コラボが実現。このコラボのためだけに描きおろしたスペシャルなイラストのテーマは<80年代の架空のアイドル>。80年代をこよなく愛すNight Tempoと加納氏のタッグから生まれた、他にないムードを落とし込んだアイテムが4種類発売される。

ヴァリアス・アーティスツ
『Night Tempo presents ザ・昭和アイドル・グルーヴ』
2021/5/19(水)
PCCA-06038 / 2,200円(税込)
Night Tempo presents ザ・昭和アイドル・グルーヴ
【収録曲】
■工藤静香
「嵐の素顔 (Night Tempo Showa Groove Mix)
「ワインひとくちの嘘 (Night Tempo Showa Groove Mix)
■Wink
「淋しい熱帯魚 (Night Tempo Showa Groove Mix)
「Get My Love (Night Tempo Showa Groove Mix)
■斉藤由貴
「卒業 (Night Tempo Showa Groove Mix)
「ストローハットの夏想い (Night Tempo Showa Groove Mix)
■BaBe
「Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix)
「I Don't Know! (Night Tempo Showa Groove Mix)
他、新規リエディット4曲も収録して全12曲入り。

【商品情報】
■Charles Tempo 第2弾
wink_night
商品ラインナップ:Tシャツ2種類(ホワイト、ブラック/S, M, L)、VHSケース型ノート、ブロマイド風ステッカー
・4/21(水)より、BAYCREW'S STOREとCharles Chaton ラフォーレ原宿店にて一斉発売。
・4/1(木)10:00~ BAYCREW'S STORE Charles Chatonにて、Tシャツ2型のみ、先行受注スタート。

▪ BAYCREW'S STORE Charles Chaton
https://baycrews.jp/brand/detail/charleschaton

▪ Charles Chaton ラフォーレ原宿店
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目11−6ラフォーレ原宿4F
営業時間 11:00-20:00(営業時間が変更となる場合がございます。)
電話番号 03-6721-1870

【Night Tempo(ナイト・テンポ)プロフィール】
80年代のジャパニーズ・シティ・ポップや昭和歌謡、和モノ・ディスコ・チューンを再構築し、「フューチャー・ファンク」というジャンルを生んだ韓国人プロデューサー兼DJ。米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「Plastic Love」をリエディットして欧米で和モノ・シティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした。昭和カセットテープのコレクターでもある。2019年に昭和時代の名曲を現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、BaBe、斉藤由貴、工藤静香とこれまで6タイトルをリリース。同年フジロックフェスティバル'19に出演を果たし、秋には全国6都市を周る来日ツアーを成功させた。2020年2月には東京ドーム ローラースケートアリーナでバースデイ・イベントを開催。
【加納梨衣(かのうりえ)プロフィール】
漫画家。2013年、漫画アクション(双葉社)に掲載の「スターライトウーマン」にて連載デビュー。2016年より80年代文化をテーマとしたラブコメ漫画「スローモーションをもう一度」を週刊ビッグコミックスピリッツ (小学館)にて連載。現在週刊ビッグコミックスピリッツ (小学館)にて「機動戦士ガンダムバンディエラ」、FEEL YOUNG (祥伝社)にて「カノジョは今日もかたづかない」を連載中。ほか、昭和歌謡を題材としたポスター、ジャケットイラストなども手掛けている。
一覧
Back to Page Top