NEW RELEASE国内・海外新譜

Amusement Vol.4
「Amusement Vol.4」 Album
Various Artists    
2019.01.25 Release / フジパシフィックミュージック

ポップなエレクトロミュージック「Amusement」シリーズの第四弾。新進気鋭のトラックメイカー達が参加し、「キラキラポップ」と「ファニーポップ」を独自の感性で表現した音源は、情報・バラエティ番組などに新しい風を吹き込みます!

Post Classical ~雪・月・風・花~
「Post Classical ~雪・月・風・花~」 Album
Various Artists    
2019.01.25 Release / フジパシフィックミュージック
アカデミックなクラシックに、現代的なリズムやエッセンスを織り交ぜた近年注目のジャンル「Post Classical」の第二弾。四季の移り変わりや自然の情景を表現した本作は、唯一無二のライブラリー音源として活躍すること間違いなし!
MINGLE
「MINGLE」 miniAL
D.Y.T    
2019.01.23 Release / フジパシフィックミュージック
D.Y.T結成1周年を飾る初のmini Album。新しいことへのトライをテーマに力強く歌い上げた「GET UP」を皮切りに、チームO.M.Wプロデュースの「FALLIN’」に加え、新曲2曲を収録。タイトル『MINGLE』は、それぞれのバックグラウンドが異なる千田・菅野の2人の個性や才能が交じり合い、結成後1年かけて拓いてきた“新境地”をさらなるステージへ導いていく決意表明として付けられました。
雪だった / 道
「雪だった / 道」 配信Single
TOMOO    
2019.01.11 Release / フジパシフィックミュージック
2017年11月リリースのミニアルバム以来となる今作は、冬の楽曲を2曲配信リリース。昨年12月のXmasワンマンのために書き下ろしたラブソング「雪だった」、そして応援ソング「道」。TOMOOらしさに溢れる瑞々しい情景描写、独特の世界観を持つ歌詞が素晴らしい作品。
ウォールズ
「ウォールズ」 Album
バーブラ・ストライサンド    
2018.12.12 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
アメリカが誇るレジェンド・アーティスト、バーブラ・ストライサンドが通算36作目となるスタジオ・アルバム『ウォールズ』をリリース。オリジナル楽曲が多く収録された今作では、これまで扱ってこなかった社会的なテーマをコンセプトとしている。今のアメリカだからこそと書かれた新曲や、ジョン・レノン作の「イマジン」とルイ・アームストロングの歌で知られる「この素晴らしき世界」をメドレーで披露、またバカラック/デヴィッドのポップ・スタンダード「世界は愛を求めている」といった誰もが知るスタンダード曲のカバーも収録され非常に聴きごたえのある内容となっている。
カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
「カーペンターズ・ウィズ・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団」 Album
カーペンターズ    
2018.12.07 Release / ユニバーサル USMジャパン

プレスリー、ロイ・オービソンなど歴史的アーティストとのコラボで話題の英ロイヤルフィル管弦楽団。新作ではリチャード・カーペンターと組んで、カーペンターズの不朽の名作たちに新たな命を吹き込みました。有名曲から人気アルバムトラックまで。来年のデビュー50周年を飾る、まさに究極のベストアルバムの登場です。

ホームタウン
「ホームタウン」 Album
ASIAN KUNG-FU GENERATION    
2018.12.05 Release / キューンミュージック

3年6カ月ぶりとなる待望のニュー・アルバムは彼らの得意とするパワーポップの楽曲が詰まった、まさにASIAN KUNG-FU GENERATIONのかえるべき場所=「ホームタウン」と呼ぶべき作品。本作に収録されている、FEEDERのGrant Nicholasが作詞・作曲に携わった「スリープ」は2019年全国公開される、上白石萌音×山崎紘菜のW主演映画『スタートアップ・ガールズ』の主題歌。若い世代が斬新なアイディアを持って、新しい価値・市場を生み出していこうとする“スタートアップ”のテーマと、「スリープ」で印象的に歌われる “新時代の胎動”という歌詞が共鳴し、主題歌に決定!

ザ・ストーリー・ソー・ファー:ザ・ベスト・オブ
「ザ・ストーリー・ソー・ファー:ザ・ベスト・オブ」 Album
デフ・レパード    
2018.12.05 Release / ユニバーサル USMジャパン

大英帝国が産んだモンスター・ロック・バンド=デフ・レパードの最新ベスト盤。昨年には1987年の大ヒット・アルバム『ヒステリア』の30周年記念盤のリリース、今年に入ってからは初のカタログのデジタル配信や80年代の作品を1つにまとめたコレクション・ボックスのリリースと、ライヴだけでなく、カタログ・リイシューにも精力的に取り組むデフ・レパード。再演ライヴ・ツアー行っている名盤『ヒステリア』からのヒット・シングルを始め、レーベルを超えた選曲で現時点でのキャリアを総括したベストな内容。

マスターズ・オブ・ザ・サン VOL.1
「マスターズ・オブ・ザ・サン VOL.1」 Album
ブラック・アイド・ピーズ    
2018.12.05 Release / ユニバーサル・インターナショナル
ヒップホップ界のスーパー・グループ=ブラック・アイド・ピーズが8年ぶりにニューアルバムをリリース。今作はウィル・アイ・アムが原作を手掛け、昨年夏にマーベル社から出版されたコミック作品がベースとなっている。硬派ヒップホップの原点に戻り、前作のエレクトロニック色よりもファットなヒップホップのトラックが多く収録されており、さらにはゲストアーティストもNAS、エステロ、元2NE1のCLなど国境を越えたスターたちが多く参加している。
オデッセイ~グレイテスト・ヒッツ
「オデッセイ~グレイテスト・ヒッツ」 Album
テイク・ザット    
2018.12.05 Release / ユニバーサル・インターナショナル

90年代にアイドル・グループでデビューし、ロビー・ウィリアムスも在籍していたことで知られる、英国を代表するポップ・グループ=テイク・ザットの30年間の活動を祝福する最新ベスト・アルバム。デビュー作から現在までの全キャリアからの選曲に、新曲3曲を加え、更に過去のヒット曲は全て新ヴァージョンで収録。ビージーズの「愛はきらめきの中に」のカヴァーでは、本家バリー・ギブをゲストに迎えて新録。本国アルバム・チャートでは初登場1位を獲得、イギリスで今年最速で売れた作品に。

TAEMIN
「TAEMIN」 Album
テミン    
2018.11.28 Release / ユニバーサル EMI RECORDS

韓国発、大人気グループSHINeeのメンバーのテミンが日本で初となるフルアルバム、『TAEMIN』をリリース。オリコン初週2位を獲得。これまでの自分の活動の集大成でもあり、新たなスタートとともに自分をきちんと紹介したいという思いで制作された今作は、ライブで盛り上がるダンス曲からバラードまで幅広い楽曲が収録されている。ライブに来るお客さんと一緒にステージを作りたいという観点から選ばれた楽曲は、これまでの内向的なテミンとはちがう新たな一面が感じられる作品となっている。

UNLEASHED
「UNLEASHED」 Album
山下智久    
2018.11.28 Release / SME Records

約4年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム『UNLEASHED』がリリース。今作では本人も積極的に作詞で参加しており、タイトルからも伝わるように今後の音楽活動に熱を感じられる作品となっている。初登場でいきなりオリコンとビルボードジャパンの週間1位を獲得。リリースしたアルバム3作連続1位という快挙を成し遂げた。「解放」をテーマに、最新のダンスミュージックをベースにしたサウンドと山下流ポップスで、本人が素直に良いと思える音楽を解き放ち、女性にも男性にもたくさんの人に届けたいというメッセージが込められている。

アンチェインド・メロディーズ
「アンチェインド・メロディーズ」 Album
ロイ・オービソン    
2018.11.21 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

永遠のヴェルヴェット・ヴォイス、ロイ・オービソンの歌声が再びオーケストラの音と共に甦る!オービソンのヴォーカル・パフォーマンスの中でも最高の状態にあるものと、ロンドン随一の知名度を誇るオーケストラ、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の研ぎ澄まされた感性による見事な演奏との融合が最高レベルで結実。昨年に続く同企画の第二弾アルバムは、前作以上にオーケストラというフォーマットに合う選曲で、ファンの人気投票の結果も反映。1963年のヴォーカルから、ロイが1988年12月に急逝する直前に行われたレコーディング・セッションのものまで収めている

コーション
「コーション」 Album
マライア・キャリー    
2018.11.16 Release / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
計18曲の全米No.1、アルバム・トータル2億枚以上という女性アーティスト史上世界No.1セールスを誇る世界の歌姫=マライア・キャリー。今年10月には4年振りに開催した来日公演の記憶も新しい彼女が、2014年以来の通算15作目となるニュー・アルバムを世界同時リリース。今作は、マライア自身がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、スクリレックス&プー・ベア、タイ・ダラー・サイン、DJマスタードなど豪華プロデューサー陣が参加。
これからもウォルピス社の提供でお送りします。
「これからもウォルピス社の提供でお送りします。 」 Album
ウォルピスカーター    
2018.12.26 Release / サブカライズレコード

これまでの活動集大成を全てここに詰め込みます...!「高音出したい系男子」ウォルピスカーターによる、「原点回帰」と「新たな始まり」をテーマにした、魅力とエネルギーに満ちた納得の1枚。

Catch The One
「Catch The One」 Album
Awesome City Club    
2018.12.19 Release / CONNECTONE(Victor)

これまでミニアルバムやEPのリリースを重ねてきたACCが、デビューから3年半、満を持して、初のフルアルバムリリース!!「あなたの大事なものを掴んで欲しい」というメッセージと共に、バラエティーに富んだ力作ばかりをパッケージ!新しい世界へ踏み出そうとする、今のACC自身を体現したアルバム。傑作です!!

TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」オリジナル・サウンドトラック
「TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」オリジナル・サウンドトラック」 Album
Various Artists    
2018.12.19 Release / 日本コロムビア

フジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期のオリジナル・サウンドトラック。和の世界観と、ハードなロックサウンドが融合した新たな「ゲゲゲの鬼太郎」の世界観を、音楽を担当する高梨康治氏と、高梨氏がリーダーを務める和楽器をフィーチャーしたロックグループ「刃-yaiba-」が作り上げています!

ヒカシュー 20世紀ベスト
「ヒカシュー 20世紀ベスト」 Album
ヒカシュー    
2018.12.12 Release / ユニバーサルミュージック

ヒカシュー結成40周年記念のベストアルバム。テクノポップの伝説を担う初期から、前人未到のノンジャンルに突き進み、斬新な表現を生みつづけたヒカシューの、20世紀を代表する楽曲を集めたベスト・アルバム2枚組。

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」オリジナル・サウンドトラック
「映画「ドラゴンボール超 ブロリー」オリジナル・サウンドトラック」 Album
Various Artists    
2018.12.12 Release / avex trax

2018年12月14日公開の映画「ドラゴンボール超 ブロリー」のオリジナル・サウンドトラック。激しいバトルシーン満載の今作を引き立てる迫力満点のBGM集!

大瀧詠一 Cover Book -ネクスト・ジェネレーション編- 『GO! GO! ARAGAIN』
「大瀧詠一 Cover Book -ネクスト・ジェネレーション編- 『GO! GO! ARAGAIN』 」 Album
Various Artists    
2018.12.03 Release / ソニー・ミュージックダイレクト

新進気鋭のポップの担い手たちがここに集結。インディで活躍するアーティストたちによる大瀧詠一作品のカヴァー集。柴田聡子、トリプルファイヤー、ayU tokiO、OLD DAYS TAILOR、KEEPON、少林兄弟らが参加。アナログレコードも発売。

1 2 3 NEXT
Back to Page Top