INTERNATIONAL NEW RELEASE海外新譜

エブリバディ・エニワン
「エブリバディ・エニワン」 Album
ストーン・ファンデーション    
2018.08.24 Release / P-VINE

2015年にはフジロック・フェスティバルにも出演した期待のUKソウル・バンド、ストーン・ファンデーション。約1年半振りの新作は、前作に続きUKロック界の重鎮ポール・ウェラーに加え、そのポール・ウェラーと共にスタイル・カウンシルとして活動したミック・タルボット、スティーヴ・ホワイト、そしてザ・ブロウ・モンキーズのドクター・ロバート、アヴェレージ・ホワイト・バンドの全盛期を牽引したヘイミッシュ・スチュアートがゲストとして参加。ノーザン・ソウルに加えファンク~ロックの要素を絶妙にブレンドした極上のサウンドが詰まった作品に。

ウーマン・ワールドワイド
「ウーマン・ワールドワイド」 Album
ジャスティス    
2018.08.24 Release / HOSTESS

フレンチ・エレクトロ最重要グループ、ジャスティスが2016年にリリースした最新アルバム『Woman』や過去の曲の新ヴァージョンを、新たにパリのスタジオで制作しレコーディングした新ライブ・スタジオ・アルバム『ウーマン・ワールドワイド』。ジャスティスはこれまでも過去2枚のライブ・アルバムをそれぞれのスタジオ・アルバムの後にリリースしているが、前のライブ盤2作がブートレッグのような作品を目指したのに対し、このライヴ盤は完璧なスタジオ・アルバムのような内容をしたかったと語っている。

DNA
「DNA」 Album
倖田來未    
2018.08.22 Release / エイベックス

前作『AND』から6ヶ月ぶりの2018年第2弾となるオリジナル・アルバム。9月より開催される全国ツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2018 〜DNA〜』と連動。前アルバムには未収録だった、mu-moおよびライブ会場限定で発売された限定シングル3部作の「HUSH」を始めとする楽曲全13曲が収録されている。 近年はリリースよりもツアーに力を入れている倖田來未だが、収録内容はもちろん、毎作品レベルアップを図りつつ、新しい世界感を体現する彼女のアーティスト性も必見!

SENSE or LOVE
「SENSE or LOVE」 Album
Hey! Say! JUMP    
2018.08.22 Release / J STORM

Hey! Say! JUMPの8人体制での初アルバム。メンバー一人が留学のために活動休止となっている中リリースされた本作品だが、初動で12万枚を超えるセールスを記録し1位を獲得。今までのHSJよりも「ダンス」にこだわった作品となっており、収録内容も今まで以上に多ジャンルになっている聴き応えある一枚に。平成生まれのメンバーで構成されたHSJの変革の体現した内容となっています。

スコーピオン
「スコーピオン」 Album
ドレイク    
2018.08.22 Release / ユニバーサルミュージックインターナショナル

カナダ出身のモンスター・ラッパー、ドレイクが5作目となるニュー・アルバム『スコーピオン』。全米1位を獲得し、1週間のストリーミング再生回数が10億回超えという凄まじい記録を叩き出したこの新作には、ジェイ・Zやタイ・ダラー・サインなどの人気ラッパーもゲスト参加しているほか、マイケル・ジャクソン未発表曲とのコラボも収録し、非常に濃い内容に。今作は2枚組となっており、一枚はヒップホップ、もう一方はR&Bがメインとなっている。

ザ・ベスト・オブ・ディスコ・カヴァーズ
「ザ・ベスト・オブ・ディスコ・カヴァーズ」 Album
マイケル・フォーチュナティ    
2018.08.22 Release / ユニバーサルミュージック/USM JAPAN

「ダンシング・ヒーロー」や「U.S.A.」の大ヒットでユーロビート人気が再燃している2018年。80年代に「ギヴ・ミー・アップ」「イントゥ・ザ・ナイト」という2曲を日本で大ヒットさせたイタリアのシンガー、マイケル・フォーチュナティが、当時日本のディスコで大ヒットしたナンバーをカヴァーした日本独自企画アルバムをリリース。自身の「ギヴ・ミー・アップ」も2018年ヴァージョンでセルフ・リメイク!リリース直後、8月24日にグランドハイアット東京で開催された真夏のディスコの祭典「DISCO FEVER presents Summer 80’s LIVE & DISCO」にシェリル・リンと共に出演!

サンキュー・フォー・トゥデイ
「サンキュー・フォー・トゥデイ 」 Album
デス・キャブ・フォー・キューティー    
2018.08.17 Release / ワーナーミュージックジャパン

アメリカ・シアトル出身のロックバンド、“デス・キャブ・フォー・キューティー”が3年振りとなるニューアルバム、『サンキュー・フォー・トゥデイ』をリリース。ツアー・メンバーだったデイヴ・デッパーとザック・レイが正式に加入し、5人体制となって初のアルバムとなる。グラミー賞にもノミネートされた前作『KINTSUGI』のプロデュースとミックスを担当したリッチ・コスティが今作も続投。これまでのデスキャブどおり、ベンのヴォーカル、美しいメロディーが絶妙なバランスに成り立つ完璧なサウンドに仕上がっている。

ラヴ・ミー・テンダー~グレイテスト・ヒッツ
「ラヴ・ミー・テンダー~グレイテスト・ヒッツ」 Album
エルヴィス・プレスリー    
2018.08.15 Release / ソニーミュージックジャパン・インターナショナル

キング・オブ・ロックンロール=エルヴィス・プレスリー。日本テレビ系水曜ドラマ『高嶺の花』で、「ラヴ・ミーテンダー」が初テレビ主題歌に決定!エルヴィスの命日の前日の8月15日に、「ラヴ・ミー・テンダー」を含む全米No.1ヒット、全英No.1ヒット、代表曲、人気曲を網羅したエルヴィスを語る上で欠かせないマストな楽曲が30曲詰まった日本独自選曲のベスト盤がリリース。

タイムレス
「タイムレス」 Album
イル・ディーヴォ    
2018.08.10 Release / ソニーミュージックジャパン・インターナショナル

世界中の老若男女を夢中にさせ続け、全世界でアルバム・トータル・セールスが、3000万枚以上を誇る唯一無二の「モンスター」ヴォーカル・ユニット、IL DIVO。2年半ぶり待望の最新アルバムは、「追憶」「ある愛の詩」「この素晴らしき世界」「ラヴ・ミー・テンダー」から「オール・オブ・ミー」(ジョン・レジェンド)や「エンジェルス」(ロビー・ウィリアムス)まで時代を越えて歌い継がれる名曲の数々を、イル・ディーヴォ流のロマンティックでエモーショナルな解釈と新たなアレンジで歌い上げた、まさしく“タイムレス”な内容となっております。

ライド・ライク・ザ・ウィンド
「ライド・ライク・ザ・ウィンド 」 Album
シトラス・サン    
2018.07.18 Release / P-VINE

誰もが認める世界最強のソウル~ジャズ・ファンク・バンド“インコグニート”のリーダーである重鎮ブルーイによるアナザー・プロジェクト、“シトラス・サン”が待望のニュー・アルバムをリリース。お馴染みのジャズスタンダードからAOR、日本の大御所ジャズ・トランペッター日野皓正の楽曲など幅広い選曲のカヴァーを収録。さらにインコグニートばりの最上級にファンキーなオリジナル曲も収録されており、彼らの新作として完璧な内容となっている。

ティータイム・ダブ・エンカウンターズ
「ティータイム・ダブ・エンカウンターズ」 Mini Album
アンダーワールド&イギー・ポップ    
2018.07.27 Release / BEATINK

パンク・ロック界のレジェンド、イギー・ポップと世界屈指のダンス・アクト、アンダーワールドが コラボEPをリリース。アンダーワールドのリック・スミスが音楽を手掛けた映画『T2 トレインスポッティング』のサウンドトラックのミーティングに端を発した、この異色の組み合わせ!このサウンドトラックに収録されなかったコラボ楽曲をEPにまとめてリリース!

シネマ・ソング・カバーズ
「シネマ・ソング・カバーズ」 Album
May J.    
2018.07.25 Release / エイベックス

これまで数々のカヴァー・アルバムをリリースし、累計100万枚を突破する日本が誇る歌姫、May J.によるカバー・シリーズの最新作。タイトルのとおり、『ザ・グレイテスト・ショーマン』や『ドリームガールズ』、『アマルフィ 女神の報酬』など誰もが知る映画を彩った名曲がオーケストラや弦楽四重奏、アコースティックなど様々なアプローチで演奏されている。洋画、邦画からセレクトされた楽曲が、それぞれ2枚組で収録されている。聴くたびに名シーンが蘇る名曲たちが、May J.の美しい歌声でさらに彩られた注目の作品。

CNCO (ジャパン・エディション)
「CNCO (ジャパン・エディション)」 Album
CNCO    
2018.07.25 Release / ソニーミュージックジャパンインターナショナル

平均年齢20歳、異なる出身国で構成された南米発5人組ボーイズ・グループ。2015年にラテン版人気オーディションTV番組「ラ・パンダ」で勝ち残った5人組。2016年の1stアルバム、2018年の2ndアルバムは2作連続ビルボード・ラテン・アルバム・チャート1位を獲得。シングル「Reggaeton Lento (恋のレゲトン・レント)」は動画再生15億回を超える大ヒットを記録。満を持しての日本デビュー・アルバム発売!

Back 2 You feat. Pitbull & Agna
「Back 2 You feat. Pitbull & Agna」 配信Single
FUMI★YEAH!    
2018.07.18 Release / AQUA PRODUCTION/TRUSTY MUSIC

「メガミックス」を得意とし、類い稀なミックス・センスとジャンルにとらわれない幅広い選曲で多くの支持と絶大な人気を集め、今や手掛けたミックスCDのセールスが100万枚超え、人気ナンバー1の座を欲しいままにする激アゲDJ= FUMI★YEAH!。昨年11月発売のFlo Ridaをフィーチャーした「Breaking My Rules」に続く新曲が到着!今回はお祭り番長ことPitbullのラップをフィーチャーした、日本の熱い夏を盛り上げるアゲアゲのラテンEDM!

miwa THE BEST
「miwa THE BEST」 Album
miwa    
2018.07.11 Release / ソニーミュージックレコーズ

miwa自身初となるベスト・アルバムが遂に完成!デビュー曲「don’t cry anymore」から現在に至るまでの人気シングル、アルバム曲をはじめ、本作品初収録の新曲まで計27曲入り。新曲「アコースティックストーリー」はギターと歌のみで全国を回るツアーの47都道府県制覇を記念した楽曲で、17歳からライブ・ハウスに一人で立つ少女が10年かけて全国制覇を成し遂げるまでのストーリーが歌詞に反映されている、非常にパーソナルだが夢見る誰もが元気づけられる内容の楽曲となっており、6月に開催された横浜アリーナでのアコギ・ツアー・ファイナルで初披露された。ちなみに制作途中の仮タイトルは「アコギと私の物語」。

ゴールデン・アワー
「ゴールデン・アワー」 Album
ケイシー・マスグレイヴス    
2018.07.04 Release / ユニバーサルミュージック・インターナショナル

米テキサス出身、新世代のカントリー・ディーヴァ=Kacey Musgravesのメジャー第3弾アルバム。彼女にとって3枚目の全米トップ5入りアルバム。持ち前のトラディショナルな風合いにエレクトロニックなサウンドも混ぜ、柔らかなポップ感覚を纏った楽曲はどれも輝きに満ち、可憐な歌声の魅力を存分に引き出している。昨今のインディー・アメリカーナに目がない方もぜひ。5月の来日プロモーションに続き、7月のフジロック・フェスティバル2018にも出演が決定!

オービット
「オービット」 Album
アリス・フィービー・ルー    
2018.07.04 Release / SPACE SHOWER MUSIC

ベルリンのストリートでライヴ演奏をしながら、ブルージーなフォーク・サウンド、偽りない歌詞、素朴で美しい声で魅了し、パフォーマンス動画が脅威の再生数を記録。世界が注目する南アフリカ出身、ベルリンで活動するシンガー・ソングライター:Alice Phoebe Lou。ケープタウンとベルリンで録音、才能ある南アフリカとヨーロッパのミュージシャンが多数参加したこのデビュー・アルバムで彼女はドイツのレコード批評家賞にて、ベスト・フィメール・アーティストにノミネートされた。このデビュー作を引っ提げ7月に初のジャパン・ツアーを敢行。

エクスプローラー
「エクスプローラー」 Album
コン・ブリオ    
2018.07.04 Release / P-Vine

2016年のフジロック・フェスティバルに出演し、その後も名だたる世界のビッグ・フェスでソウル、ファンク・シーンに衝撃を与えたコン・ブリオが超待望のセカンド・アルバムをリリース。敏腕デレク・フールマンをプロデューサーに迎えた作品。収録曲には様々なアレンジが施されており、これまでのソウル、ファンク好きのみならず、ロック、ポップスファンまでも魅了する勢いの内容で、前作『パラダイス』からさらにパワーアップしたコン・ブリオが詰まっている。この新作を引っ提げ、2年振りの単独来日公演も決定!11/29 @ 恵比寿LIQUID ROOM

グラヴィティ
「グラヴィティ」 Album
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン    
2018.06.29 Release / ユニバーサルミュージック・インターナショナル

英国ウェールズ出身の人気メタル・バンド、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン待望の6thアルバムが完成。フィンランドのヘヴィ・メタル・レーベル“Spinefarm Records”に移籍しての第1弾作品でもある今作は、思い切りヘヴィに振り切った前作『Venom』でこれまでの活動にひと区切りをつけた彼らの新たな一歩に相応しい新鮮なサウンドが詰まった作品となっている。今夏はサマーソニックへの出演の為に来日も決まっている。

シテ・シャンパーニュ
「シテ・シャンパーニュ」 Album
ムードイド    
2018.06.27 Release / ホステス

メロディーズ・エコー・チャンバーのギタリストとしても知られる パブロ・パドヴァーニが率いるフレンチ・ポップ・バンドの2ndアルバム。テーム・インパラのケヴィン・パーカーがミックスを手掛けていることでも話題の彼らは今年のサマーソニックへの出演が決定。水曜日のカンパネラの新EP『ガラパゴス』(6/27発売)収録楽曲「マトリョーシカ」でムードイドがフィーチャーされ、共演MVも話題。更にはムードイド自身の今作にも、水曜日のカンパネラとコラボしたもう一つの楽曲「Langage」が収録されている。

1
Back to Page Top