NEWS最新情報

Night Tempoによる5/19発売の『昭和アイドル・グルーヴ』コンピ全貌解禁!人気漫画家、加納梨衣氏とコラボしたアパレル、Charles Tempo第2弾は4/21から発売!

2021.04.21
wink_night
海外で巻き起こっているジャパニーズ・シティ・ポップのブームが日本のメディアでも紹介されている中、その象徴的な「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした立役者の一人=韓国のプロデューサー/DJのNight Tempo。5月19日(水)に発売するコンピレーション『Night Tempo presentsザ・昭和アイドル・グルーヴ』のトラックリストが解禁となった。
このコンピ用で新たにリエディットしたのは、Night Tempoがお気に入りの新田恵利、西田ひかる、森尾由美、そして、ゆうゆの楽曲。いずれも80年代にアイドルとして活躍した彼女達の楽曲から、彼がフューチャー・ファンクに合うと自信を持ってチョイスした、彼しか出来ない選曲となっている。
新田恵利 「Déjà vu (Night Tempo Showa Groove Mix)
1985年におニャン子クラブの会員番号4番としてデビューし、グループの顔として人気を博した。1986年1月1日にリリースしたソロ・デビュー・シングル「冬のオペラグラス」はオリコン初登場1位、30万枚以上を売り上げる大ヒット。この「Déjà vu」は彼女の7枚目のシングルとして1987年にリリースされ、最高位15位。このマイナー・ヒットをNight Tempoはコンピレーション冒頭を飾るアッパーなフューチャー・ファンクへとアップデート。
西田ひかる 「Nice-Catch! (Night Tempo Showa Groove Mix)
1988年にシングル「フィフティーン」でデビュー、以降シングルを29枚、アルバムを18枚(ベスト盤を含む)を発表し、ドラマや映画でも活躍の西田ひかる。デビュー時のキャッチコピーは「海は山ほど面白い」、海が似合う元気ハツラツなイメージで売り出していた彼女の、1988年発売の2ndシングルをNight Tempoがピックアップ。作曲は松原みき「真夜中のドア/Stay With Me」や菊池桃子の全楽曲を手掛けた林哲司氏。遊び心も散りばめた四つ打ちナンバーに仕上げている。
森尾由美 「だからタッチ・ミー(Night Tempo Showa Groove Mix)
現在も女優、声優、タレントとして活躍する森尾由美。1982年にフジテレビ系ドラマ「ねらわれた学園」で女優デビュー、翌年には「お・ね・が・い」で歌手デビュー。この曲は作詞:安井かずみ氏、作曲:加藤和彦氏という稀代のヒットメイカー・コンビが手掛けた彼女にとって8枚目のシングルで、1985年3月のリリース。Night Tempoはこのレゲエ歌謡ナンバーをグルーヴィーなフューチャー・ファンクへ変身させた。
ゆうゆ 「さよなら志願 (Night Tempo Showa Groove Mix)
おニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は19番の岩井由紀子こと"ゆうゆ"。同じくメンバーだった高井麻巳子との"うしろゆびさされ組"でも活躍していた彼女は、1987年3月に「天使のボディーガード」でソロ・デビュー(オリコン最高位2位)。この曲は彼女の6枚目のシングルとして1988年7月にリリース。オリコン最高位29位のマイナー・ヒットではあるが、Night Tempoマジックで、ノスタルジー溢れる、胸キュン・フューチャー・ファンクへと大変身。
ゴールデンウィーク期間中の5月5日(水・祝日)にはbayfmの音楽特番「bayfm GOLDEN MUSIC JOURNEY day3 -湾岸シティーポップ・ドライブ-」に韓国からリモート出演が決定!番組用にスペシャルDJミックスを披露する他、このコンピレーションに収録の新リエディット楽曲も先行オンエアすることになっている。
また「スローモーションをもう一度」の作者である人気漫画家・加納梨衣氏が描きおろし、ベイクルーズ社の人気女性ファッション・ブランドCharles ChatonとNight Tempoがタッグを組んだトリプル・コラボ=Charles Tempoの第2弾が本日から発売となっている。まさに「昭和アイドル」をイメージした4種類の商品がラインナップされており、こちらも注目だ。

『Night Tempo presents ザ・昭和アイドル・グルーヴ』
2021/5/19(水)
PCCA-06038 / 2,200円(税込)
Night Tempo presents ザ・昭和アイドル・グルーヴ
【収録曲】
1. 新田恵利 - Déjà vu (Night Tempo Showa Groove Mix)
2. 西田ひかる - Nice-Catch! (Night Tempo Showa Groove Mix)
3. Wink - 淋しい熱帯魚 (Night Tempo Showa Groove Mix)**
4. 工藤静香 - 嵐の素顔 (Night Tempo Showa Groove Mix)
5. BaBe - Give Me Up (Night Tempo Showa Groove Mix)
6. 斉藤由貴 - ストローハットの夏想い (Night Tempo Showa Groove Mix)
7. 森尾由美 - だからタッチ・ミー (Night Tempo Showa Groove Mix)
8. Wink - Get My Love (Night Tempo Showa Groove Mix)**
9. ゆうゆ - サヨナラ志願 (Night Tempo Showa Groove Mix)
10. 斉藤由貴 - 卒業 (Night Tempo Showa Groove Mix)
11. BaBe - I Don't Know! (Night Tempo Showa Groove Mix)
12. 工藤静香 - ワインひとくちの嘘 (Night Tempo Showa Groove Mix)
**配信アルバムには未収録、CDのみ収録

【番組出演情報】
■「bayfm GOLDEN MUSIC JOURNEY day3 -湾岸シティーポップ・ドライブ-」
放送局:bayfm78.0MHz https://baycrews.jp/feature/detail/3222
放送日:5月5日(水・祝)
放送時間:13:00-18:54 生放送
DJ:クニモンド瀧口 / トムセン陽子
ゲスト:永井博 / 一十三十一 / Night Tempo
メール:special@bayfm.co.jp

【商品情報】
■Charles Tempo 第2弾
wink_night
商品ラインナップ:Tシャツ2種類(ホワイト、ブラック/S, M, L)、VHSケース型ノート、ブロマイド風ステッカー 4月21日(水)より、BAYCREW'S STOREとCharles Chaton ラフォーレ原宿店にて一斉発売。

商品特設ページ:
https://baycrews.jp/feature/detail/3222

【Night Tempo(ナイト・テンポ)プロフィール】
80年代のジャパニーズ・シティ・ポップや昭和歌謡、和モノ・ディスコ・チューンを再構築し、「フューチャー・ファンク」というジャンルを生んだ韓国人プロデューサー兼DJ。米国と日本を中心に活動する。竹内まりやの「Plastic Love」をリエディットして欧米で和モノ・シティ・ポップ・ブームをネット中心に巻き起こした。昭和カセットテープのコレクターでもある。2019年に昭和時代の名曲を現代にアップデートする『昭和グルーヴ』シリーズを始動。Winkを皮切りに、杏里、1986オメガトライブ、BaBe、斉藤由貴、工藤静香とこれまで6タイトルをリリース。同年フジロックフェスティバル'19に出演を果たし、秋には全国6都市を周る来日ツアーを成功させた。2020年2月には東京ドーム ローラースケートアリーナでバースデイ・イベントを開催。
【加納梨衣(かのうりえ)プロフィール】
漫画家。2013年、漫画アクション(双葉社)に掲載の「スターライトウーマン」にて連載デビュー。2016年より80年代文化をテーマとしたラブコメ漫画「スローモーションをもう一度」を週刊ビッグコミックスピリッツ (小学館)にて連載。現在週刊ビッグコミックスピリッツ (小学館)にて「機動戦士ガンダムバンディエラ」、FEEL YOUNG (祥伝社)にて「カノジョは今日もかたづかない」を連載中。ほか、昭和歌謡を題材としたポスター、ジャケットイラストなども手掛けている。
一覧
Back to Page Top