NEWS最新情報

プリシラ・アーン、自身のオリジナル曲&山下達郎氏「RIDE ON TIME」の日本語カヴァーの2曲を両A面で配信&7インチ・アナログ発売!

2021.06.11
wink_night
BLUE NOTEからデビューし、そのピュアでオーガニックな声が人気の米シンガー・ソングライター=プリシラ・アーン。
今秋発売予定の新作アルバムから、自身のオリジナル曲「WAITING」と、山下達郎氏の楽曲「RIDE ON TIME」の日本語カヴァーの2曲を6/11(金)に配信シングルとして、また6/12(土)にはRECORD STORE DAY2021「RSD Drops」の一環として両A面で7インチ・アナログとして発売する事になった。
プリシラ・アーンは2008年にアルバム『グッド・デイ』で名門ブルー・ノート・レコードよりデビューし、シングル「ドリーム」がロング・ヒットを記録したL.A.を拠点に活動するシンガー・ソングライター。日本との関わりも深く、FUJI ROCK FESTIVALを含む数々の大型フェスへの出演やJapan Tourを敢行、"マツモトキヨシ"CMへの書き下ろし楽曲の提供や、スタジオジブリ長編アニメ"思い出のマーニー"の主題歌の担当、大好きな日本のアーティスト松任谷由実やハナレグミなどの楽曲のカヴァーも発表するなど、幅広い活動を行っている。
プリシラ・アーンは2008年にアルバム『グッド・デイ』で名門ブルー・ノート・レコードよりデビューし、シングル「ドリーム」がロング・ヒットを記録したL.A.を拠点に活動するシンガー・ソングライター。日本との関わりも深く、FUJI ROCK FESTIVALを含む数々の大型フェスへの出演やJapan Tourを敢行、"マツモトキヨシ"CMへの書き下ろし楽曲の提供や、スタジオジブリ長編アニメ"思い出のマーニー"の主題歌の担当、大好きな日本のアーティスト松任谷由実やハナレグミなどの楽曲のカヴァーも発表するなど、幅広い活動を行っている。
今回のデジタル・シングルは、自身のオリジナル曲であり、透きとおるような歌声が印象的な「WAITING」、また、かねてよりリスペクトしている山下達郎氏の世界的人気曲「RIDE ON TIME」を日本語でカヴァーした2曲のカップリングとなる。今秋発売予定のニュー・アルバムも乞うご期待!

Priscilla Ahn - New Single「RIDE ON TIME / WAITING」
プリシラ・アーン - ニュー・シングル「ライド・オン・タイム/ウェイティング」
ライド・オン・タイム/ウェイティング
2021年6月11日(金)配信開始
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Linkall/VEATP-38748.html
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて6月11日より配信スタート!
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music
【7インチ・アナログ】
SIDE-A:RIDE ON TIME
SIDE-B:WAITING
2021年6月12日(土)発売
NKS-735 / ¥2,090 (tax in)

【Priscilla Ahn (プリシラ・アーン) プロフィール】
1984年3月9日、ペンシルベニア州出身。L.A.を拠点に活動を続けるシンガー・ソングライター、マルチ・インストゥルメンタル・プレイヤー。8歳頃より歌い始め、母親からピアノを教わる。父親の勧めで14歳からギターを始め、曲を書くようになる。16歳から地元のコーヒーハウスで弾き語りを始め、17歳でシンガー・ソングライターになることを考えるように。L.A.に移ってからはウェイトレスとして働きながら音楽活動をスタート。ブルーノート・レコードと契約し、2008年にアルバム『A Good Day』でメジャー・デビュー。2012年6月には日本語の楽曲を多くフィーチャーしたアルバム『ナチュラル・カラーズ』(ユニバーサルミュージック)を発売。同年10月、NHKプレミアムドラマ『そこをなんとか』へ書き下ろし楽曲「アイル・ビー・ヒア」を提供し、主題歌・挿入歌を担当。2013年に三鷹の森ジブリ美術館でミニコンサートを実施したことが縁となり、2014年スタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』の主題歌に大抜擢され「Fine On The Outside」が大ヒット。2015年、NHKの被爆70年特集ドラマ『赤レンガ』では初めて女優として作品に参加。音楽の力で広島から世界に向けて平和を訴えるシンガー・ソングライターの主役を演じるにあたって、脚本開発段階からプロジェクトに参加。ストーリーの要となるライブシーンで歌うオリジナル新曲2曲を書き下ろし、谷川俊太郎と武満徹による名曲をカヴァーした「見えないこども」と、あわせて3曲を新録音。ドラマの中でも余すところなく披露している。2016 年3月には、未来を担う子供たちをテーマにしたアルバム『LA LA LA』をリリース。2017年にはBillboard Live TOKYOにて行われたライヴを収録したライヴ・アルバムを発売した。
一覧
Back to Page Top